健康被害について

食欲を抑える薬MDクリニックダイエット ネットで見かけるのが食欲を抑える薬MDクリニック・脂肪燃焼ヤンヒーの処方薬を服用して亡くなった人がいるという話です。

しかし、調べてみると、他の病院で処方されていた精神薬や他の医薬品と食欲を抑える薬MDクリニックの処方薬を併用して過剰に摂取していた事や、食欲を抑える薬MDクリニックまたは脂肪燃焼ヤンヒーを用法以上に服用した事が原因の様です。


例えば、死亡事例の原文を挙げてみますと

精神科、産婦人科への通院歴があり、国内の医療機関で処方された精神神経用剤、睡眠導入剤、排卵誘発剤、制酸・緩下剤等の各種医薬品を少なくとも死亡の約6ヶ月前から継続して服用
「MDクリニックダイエット」を本年3月上旬に海外(タイ)の携帯サイトを使用して、個人輸入により購入し、死亡の約2週間前から国内の医療機関で処方された医薬品と併用していた模様
女性から検出された薬物は、国内の医療機関で処方された精神神経用剤の成分との報告を受けていますが、死亡の約2週間前から「MDクリニックダイエット」を併用していたこと等も考慮すると、「MDクリニックダイエット」と死亡との因果関係を完全に否定できません
(厚生労働省)


と公表されてますが、複数の医薬品も併用しながら食欲を抑える薬MDクリニックを服用しており、必ずしも食欲を抑える薬MDクリニックが直接の原因ではないとされています。

この件を厚生労働省に問合せしてみましたが、『成分の検出がされたとは言いにくく、あくまでも可能性上での注意発起』という事でした。

また、食欲を抑える薬MDクリニック処方薬、脂肪燃焼ヤンヒー病院処方薬の輸入代行サイトでは「現在患っている疾患」や「常用医薬品」なども入力する欄がありますよね

併用してはいけない薬を服用しているかもしれないのに、嘘をついて申告した場合、どうなるかは想像できますね。

食欲を抑える薬MDクリニック処方薬、・脂肪燃焼ヤンヒー病院処方薬は医薬品であることをしっかり認識して、きちんと用法用量を守って服用していきましょう。