食欲を抑える薬MDクリニック、脂肪燃焼ヤンヒーの副作用、成分、効果②

食欲を抑える薬MDクリニックダイエット 食欲を抑える薬MDクリニック、脂肪燃焼ヤンヒー処方薬の錠剤、成分、効果②
厚生労働省のHPで公開されている各錠剤の成分等について紹介します。

「食欲を抑える薬MDクリニックダイエット」錠剤・成分・効果

シブトラミン(昼食前)

海外では医薬品として承認されているが、国内は未承認である。

適応:肥満症の治療

作用:中枢性食欲抑制作用

副作用:血圧上昇、心拍数増加、頭痛、口渇、便秘等

フルオキセチン(昼食前・夜食前)

海外では医薬品として承認されているが、国内は未承認である。

適応:うつ病、うつ症状

作用:抗うつ作用

副作用:倦怠感、頭痛、めまい、腹痛、口渇、食欲不振、睡眠障害等

プロプラノロール(昼食前)

国内で医薬品として承認されている。

適応:高血圧、狭心症、不整脈等

作用:交感神経抑制作用

副作用:うっ血性心不全、徐脈、めまい等

甲状腺末(夜食前)

乾燥甲状腺として、国内では医薬品として承認されている。

適応:甲状腺機能低下症、クレチン病、甲状腺腫等

作用:甲状腺ホルモン作用

副作用:狭心症、ショック、うっ血性心不全等

クロルフェニラミン(就寝前)

国内で医薬品として承認されている。

適応:じん麻疹、皮膚疾患に伴うそう痒等

作用:抗ヒスタミン作用

副作用:過敏症、眠気等

ビサコジル(就寝前)

国内で医薬品として承認されている。

適応:便秘症等

作用:大腸のぜん動運動促進作用等

副作用:過敏症状、腹部不快感等

ジオクチルスルホサクシネート(就寝前)

国内では類似の成分が医薬品として承認されている。

適応:便秘症等

作用:便軟化作用等

副作用:過敏症状、腹部不快感等

「脂肪燃焼ヤンヒー病院処方薬」錠剤・成分・効果

シブトラミン(昼食前)

海外では医薬品として承認されているが、国内は未承認である。

適応:肥満症の治療

作用:中枢性食欲抑制作用

副作用:血圧上昇、心拍数増加、頭痛、口渇、便秘等

フルオキセチン(昼食前)

海外では医薬品として承認されているが、国内は未承認である。

適応:うつ病、うつ症状

作用:抗うつ作用

副作用:倦怠感、頭痛、めまい、腹痛、口渇、食欲不振、睡眠障害等

甲状腺末(昼食前)

乾燥甲状腺として、国内では医薬品として承認されている。

適応:甲状腺機能低下症、クレチン病、甲状腺腫等

作用:甲状腺ホルモン作用

副作用:狭心症、ショック、うっ血性心不全等

ヒドロクロロチアジド(就寝前)

国内で医薬品として承認されている。

適応:尿症の結石予防、浮腫、腎性尿崩症等

作用:利尿作用

副作用:食欲不振、嘔吐、腹部不快感、脱力感、低カリウム血症等

ビサコジル(就寝前)

国内で医薬品として承認されている。

適応:便秘症等

作用:大腸のぜん動運動促進作用等

副作用:過敏症状、腹部不快感等


(厚生労働省調べ)
※以上の内容は、「食欲を抑える薬MDクリニックダイエットのレベル3」「脂肪燃焼ヤンヒー病院処方薬の通常版」の詳細のようです。 
   レベルが異なったり錠剤に変更があった場合は多少異なってくると思いますが、大体はこの内容ではないかなと思います。



>>脂肪燃焼ヤンヒーホスピタルダイエットを通販できる販売店コチラ